地震が起きたときの行動|地震予想データが送られてくるサービスがある

予想された地震が更に大きい規模で起こってしまったときにどうすればいいのか考えよう

地震のマグニチュードは予想が難しい

地震の予想と同じかそれ以上に難しいものがあります。それが地震の規模であるマグニチュードの予想です。どれくらいの地震が起きるのかというのは予想が難しいので、万が一予想されていたよりも大きな規模で地震が起きてしまったときにどう行動すればいいか考えましょう。

大きな地震が屋内で起きたときの行動

建物の近くの頑丈な場所へ即移動

予震などが感知できた場合です。あらかじめ建物や家のどの場所が設計上安心なのか、数カ所ピックアップしておきそこへ移動してください。目安としては太い柱の周り、柱が多い部屋、あまり広くない部屋、玄関などがあります。

移動した場所で机などの下に隠れよう

移動した場所に机などがあればその下に隠れましょう。座布団や毛布などで頭を覆うとより安全です。

地震情報を確認

揺れがおさまったらスマートフォンかラジオなどで地震情報を確認してください、家の中にいた方がいいのか避難した方がいいのか情報が流れてくると思いますので、それに従いましょう。屋外へ避難する場合は元栓をかならず締めてください。家事が広がることを防ぐためです。大きな建物やマンションに住んでいる人は、管理者の支持に従いましょう。

地震が起きたときの行動

グラフ

地震が発生したときの行動をシミュレーションしておく

地震が起きたときのシミュレーションができていなければ、いきなり大きな揺れが来たときに対応できません。大きな揺れが起こったときにどのように行動するべきか、ときどき頭のなかでシミュレーションをしておきましょう。

いきなり大きな揺れが起こったら

前触れもなく大きな地震が起こった場合は動けないので対処が難しいです。そのようなことを想定して、家具や家電をあらかじめ固定しておきましょう。少しでもケガなどの確率を下げることができます。

どこから外へ出るか

地震で家が半壊してしまうような場合、どこから外へ出るかというのが大事なポイントになってきます。家や建物の出口を確認し、どの場所にいるときにどこの出口から避難するかというのを想定しておきましょう。

広告募集中