非常食料の考え方|地震予想データが送られてくるサービスがある

地震予想サービスで非常食料についての考え方も学ぶことができる

避難所が整うまで

もしも家から避難して生活しなければならないような生活を予想する場合、避難所が整備されるまでの食料や水がないと大変なことになってしまいます。万が一に備えて非常食はかならず用意しておきましょう。

非常食料の考え方

地割れ

水は一人2リットル目安

水は一人2リットルほどを確保しておくと良いでしょう。ペットボトル500ミリリットルのもの4本分で揃えると持ち運びがしやすいです。

カロリーが高いもの

カロリーが高いものを備蓄しておくのも大事です。チョコレートなどは高カロリーで糖分も取れるので、非常事態に備えて食料としておいておくとよいでしょう。

缶詰類

保存がきかないものを非常食として揃えると、定期的に取り替えなければならないため、管理が非常に面倒です。その為、缶詰など何年も持つようなものも非常食として備えておくといいでしょう。

カンパン

保存がきく炭水化物といえばカンパンでしょう。地震発生時は炭水化物や糖分などを確保することが優先になりますので、カンパンも用意しておきましょう。カンパンなどであれば調理せずにそのまま食べることができます。災害時は基本的に調理が必要ないものを非常食として買い揃えるといいです。火などが使えないということも想定した準備が大切です。

広告募集中